水没復旧を成功させるコツ!スマホ修理に出す前のポイント

水没トラブルならスマホ修理に相談!

万一、スマホを水没させてしまった時でも諦める必要はありません。非防水タイプの端末だろうと、適切な修理を施すことにより復活できる可能性があります。また、本体はダメになってしまった場合でも、中に保存されているデータは取り出せるかもしれません。スマホ修理業者では水没復旧も行ってくれますので、もしもの際には相談へ行ってみましょう。ただ、修理に出す前の行動次第では復旧をできなくなることがあるのです。次で紹介をする、やってはいけない行動を押さえておくことも大切です。

焦って本体を振らない

水に濡れた時には端末をブンブンと振ってしまいがちですが、これは被害状況を拡大させる恐れがありますので注意しましょう。無事なところにも水が入って壊れてしまうことがあります。もし濡れてしまったのなら、まずはタオルなどで水滴を拭き取り、自然乾燥させることが大切です。

電源チェックをしない

水没直後に気掛かりなのが、電源が入るかどうかですよね。端末がもろに水に浸かるとシャットダウンしますので、ついつい電源のチェックを試みがちです。ただこれは危険な行為であり、通電をさせることでショートを招きます。すると復旧ができなくなってしまう可能性があるため、状態が気になっても我慢しましょう。同様の理由で、濡れた状態で充電をするのも危険です。

操作ができるようならバックアップを取る

軽い水没ならそのまま使えることもありますが、そこから症状が進行する可能性も否定できません。データが消える恐れがあるため、速やかにバックアップを取るようにしましょう。また、普段から自動的にバックアップを残すようにしておけば慌てずに済むはずです。データを取り出したら速やかにスマホ修理に出し、よく状態を確認してもらうのがおすすめです。

スマホ修理には大きく分けて3つの選択肢があります。1つ目はメーカーへ修理依頼をする、2つ目は街の修理店へ依頼をする、そして、3つ目が自身でパーツを購入して修理をするです。

You may also like...