ホームページのデザインは大胆でも大丈夫!

メリハリをつけたデザインにしよう

魅力的なホームページというのはどこを見ればよいのかがハッキリとしています。見るべきポイントが曖昧なホームページというのはユーザーも迷ってしまいますし、どこを見ればよいのかがわかりません。メリハリをつけたデザインにすることで、ユーザーの目線を意識しながらサイトを作り上げましょう。特に初心者にありがちなのが、メリハリをつけたつもりでも実はそこまで目立った強弱にならなかった、というパターンです。自分では文字を大きくしたつもりでも、後から見返してみると大して他の文章と違いがなかった、となっては目立つものも目立ちません。しっかりと大きくして、多少大げさなくらいのメリハリを意識してみるとうまくいくでしょう。

無理やり空白を埋めなくても大丈夫

コンテンツ量は多いほど多くのユーザーを楽しませることができますが、それは空白をたくさん埋めれば良い、ということではありません。むしろ、ホームページにほとんど空白がないようなサイトは見づらく、ユーザー離れの原因になりかねません。今はページ内の余白を上手に活かしたサイトがたくさん公開されているため、そうしたサイトを参考にしながらオリジナルホームページを作成していきましょう。また、この余白の使い方というのは、上記のメリハリをつけるというコツにもつながっていきます。周囲に余白が生まれているコンテンツは注目を集めやすくなり、否が応でもその文章や画像を注視せざるを得なくなります。何か目立たせたいコンテンツがある場合は、積極的に余白を生かしてみましょう。

レスポンシブwebデザインとは、異なる画面をいろいろな大きさに変えて表示し最適化したwebデザインのことです。

You may also like...